カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お姫様

それはそれは昔のお話。

あるところに僕がいました。なんか静岡とかだったかな。田舎にいた気がします。何故かと聞かれると答えに詰まるんですが、幾分自由な身、いや身より心が自由だっただけかもしれませんが、まあ抱いてという女性がいれば静岡くらい、なんのその、という感じで静岡にいました。たぶん静岡。

まあ女性が迎えに来まして、他愛もない話をしながらドライブですね。まあ職場の愚痴だったり、彼氏の愚痴だったり、どうでもいい話だったので詳しい内容は覚えてません。見た目も悪くないと言えば悪くないけど、まあ地味で、特にこれといって特徴はない感じの女性でした。しいて言うなら声が可愛いくらい。うん、声は可愛かった。

まあ適当なラブホテルにチェックインしまして、そしたらベッドが可愛い。天蓋付きっていうんですかね、なんかひらひらしたものがベッドの周りを囲ってまして。正しくお姫様ベッドと呼ぶに相応しいそれでした。

シチュエーションとかどうでもいいと思いがちな僕も、これはいいじゃないかと。少しテンションが上がりました。しかも相手の女性は社会人ということで、ホテル代も出してくれると。これはもう有頂天と言っても過言ではないです。

ここでもう1度、女性のスペックについて確認しておきますが、そんなに可愛くもなく地味で、しいて言うなら声が可愛い程度です。しみったれたセックスで終わっても、なんらおかしい相手ではありません。

しかしこの日は違いました。

興奮に次ぐ興奮。

やはりシチュエーションというのは大切で、いくら地味顔の相手とは言え、お姫様ベッドですから、お姫様にしか見えません。どうせ初回セックスなんて薄暗くしてやるんだし、顔が派手だろうが地味だろうが関係ないんです。声も可愛いし。このあたりから心の中で彼女のことを姫と呼んでいました。

姫には特徴がありまして、全てに対して

「いやっ!」

と言うんです。まあ、よくあるやつです。女性のNOはOKというやつです。しかしね、それにしても言うんです。何かあるたびに言います。

キスをしようとしたら、

「いやっ!」

押し倒そうとしたら、

「いやっ!」

ブラジャーを外そうとしたら、

「いやっ!」

とにかく言うんです。でも全く抵抗しない。こういうのは大切です。姫はMを演じ、僕はそれを犯していく。セックスにおいて、こういうスパイスは大切です。さすがお姫様。なかなかわかってます。

そして、いよいよ挿入という段階になって、姫が言うわけです。

「ゴムつけないなんて嫌だからね?」

はい。つけます。避妊します。こんな彼氏もいるのに他の男としれっとラブホに入る女相手に生挿入する勇気なんて持ち合わせてません。当然つけます。

「ゴムつけないなんて嫌だからね?」

もう1回言ってきました。確実にフリとしか思えないのですが、もしかしたら杞憂かもしれない。一応聞いてみよう。そりゃ僕だってゴムつけてやりたいけど、セックスにおいて空気というのは大切ですからね。

「そんなこと言って生で許しちゃうんじゃないの?」

言ってやりました。

「無理やり生でしちゃ嫌だからね?」

ああだめだ。これはだめだ。生でやらざるを得ない空気だ。しかし嫌だ。でも空気は大切だし、どうしよう。まあ今の彼氏相手にしかセックスしたことないって言ってたし大丈夫じゃないだろうか。いやそんなの信用していいわけない。でも僕だって伊達にヤリチン名乗ってませんからね。いいでしょう。ここは生で挿入してやりましょう。

そうして生セックスが始まりました。

当然、生挿入は拒まれず、そこには大きな喘ぎ声だけが残りました。しかし、まぁ、お姫様ベッドですし。声も可愛いですし。ちょっと生セックスは予定外だったけど、楽しもう。そう思いながら僕も頑張るわけです。

ある程度の時間が経って、もうフィニッシュかな。僕も満足したし、姫も満足したでしょう。まあ初回セックスとしてはね、こんな感じで終わっていいんじゃないでしょうか。あとは予定調和な感じの会話を重ねて、終わりにしましょう。

「そろそろ、いっていい?」

男がセックス中に言うセリフ第一位に燦然と輝くこのセリフをね、言いました。みなさん1度は言ったり言われたりした経験があると思います。いくらセックスの経験を重ねてきても、このセリフだけは避けれない。これを言わないことには終わらない。そんなセリフをね、言いました。あとは許可を貰って、お腹にでも射精すれば終わりです。ところが。

「中に出しちゃダメだからね!絶対だめ!」

なんか言ってます。出しません。生挿入でさえ、かなり悩みました。中出しなんて当然しません。そんなこと許されません。いくら刹那的に生きてきたとはいえ、多少は将来も考えます。しかし本当に嫌で忠告してきたのかもしれない。そこのところをね、一応確認しないと。

「そんなこと言って中に出されたいんじゃないの?」

「いや!やだ!ああ中に出されちゃう!無理やり出されちゃう!」

僕は目を閉じました。おわった。もう無視しようか。どうせ、もう会うこともない。一夜きりの関係じゃないか。ここまで充分に応えた。お姫様の期待には応えてきた。最後くらい裏切ってもいいんじゃないか。さすがに中に出すのは怖い。

「中に出しちゃだめ!絶対いやっ!」

わかった。出す。出せばいいんでしょう。中に出せばいいんでしょう。それで満足なんでしょう。

放出しました。それはそれは悲しい射精でした。でもね、いいんです。これで姫の心が満たされるなら僕は何も望みません。男として生まれてきたからには女性の幸せを願って当たり前です。正しかったんです。なんの後悔もない。これで良かったんです。僕は姫のために自分を捨てました。

それで当の姫はと言うと、中に出した僕に対し、ありえない、誰がお前みたいな男に好き好んで中出しされなきゃいけないんだ、アフターピル代を出せ、信じられない、このブサイク、などと、おおよそ数分前まで性行していたとは思えない罵声を浴びせ、それに驚いた僕は、一体どこからが本音だったんだと問いただしたんですが、中出し以外はして欲しかったしゴムはつけない主義だけど、中出しは本当に許せないと激昂し、もう本当に意味がわからなくて、まじかよ、という頭の悪そうなセリフしか吐けなかったんですが、その後しばらくしたら機嫌も直り、またセックスを求められ、生挿入で外出しという正しい道を辿ったセックスを2度ほど行い、翌朝に解散しました。何が何だか未だにわからないのですが、別れ際に、彼氏がお前と血液型同じだし妊娠してても何とかなるか、と、おおよそこの世のものとは思えない捨て台詞を吐かれた記憶だけは一生消えそうにありません。そりゃあないよ、お姫様。



[PR]
# by k-kina | 2014-03-24 00:09 | 日記

山手線こわい

適当にセックスしたらあかん。

僕は、自分に言い聞かせた。



―――


がたんごとん。

がたんごとん。


山手線の車内。

言わずもがな東京なう。

そんな夜でした。



僕は迷わず着席。あの、一番端の席に着席。雨降ってる日とか、端っこのよくわからない手すりのところに傘かけられて便利だし、壁みたいなやつに寄り添って寝られるおかげで人気ナンバーワンである端の席に座っていました。老人とか来てもね、ちょっとこの席だけは譲れない。というか腰痛持ちだしね。もう老人と同等の扱いを受けてもいいんじゃないかってくらい腰が痛い。長年の性生活によって酷使されてきた腰を労わるという意味では、誰よりも座る権利を持ち合わせている僕ですからね。堂々と座っていました。ちなみに、この件を読む必要は全くありません。


さて、問題は正面に座ってる男女。

まず、男。

完全にホスト。誰がなんて言おうがホスト。なんだろう、どうやったらそんなに束感を作れるのか分からない髪型。というか何をどうやったらその髪型が正解になるのか分からない。分かりたくもない。僕の3ヶ月くらい美容室に行っていない髪型の方が断然社会に通用する。いやいい勝負かもしれない。ちなみに顔の造りに関して言わせてもらうと、100人いたら100人ともホストの方を支持するし、その100人の中に僕の彼女が入っていても結果は変わらないと思います彼女いないけど。


次に女。

微妙。一言で言うと微妙。すこぶる微妙。ベストオブ微妙。ブサイクではない。でも間違っても可愛くない。どちらかで言うなら完全にブサイク。でもブサイクではない。ちょっとだけブサイクなような気もするけど、ギリギリ普通って感じ。中の下フェイス。体型は可もなく不可もなくという感じだけど、髪型やファッションにはそれなりに気を遣って、どうにか持ちこたえてる感じ。


まぁ簡単に言うと、ホストが微妙な女をたぶらかして金蔓にしてるという構図がね、ありありと見えてくるわけですよ。


「そのバッグ可愛いじゃん?まじ似合ってるよwww」


とか言ってね、お仕事だから仕方ないかもしれないけど、そんな微妙な女をおだててセックスしたところで虚しくないのかと、僕は男子を代表して言いたいです。あんな女相手に勃起できるなんて、イケメンホスト台無しですね、ははっ。


という感じで、僕の脳内は1人勝ちモード。どう考えても土曜の夜に1人寂しく電車に乗っている時点で負け組以外の何物でもないんですが、そんなの関係ない。完全にイケメンホストを見下し、隣の女を憐れむ余裕さえもある、そんな状態でした。

そんな無敵モードの僕をですね、微妙な女が見てくるわけです。なんだこいつ。隣のイケメンホストにも飽き足らず僕にまで抱かれたいというのか。僕に抱かれたいなんで微妙な顔面の割に見る目があるじゃないか。微妙な顔面同士で仲良くしよう……って誰が微妙やねーん!

と、脳内で軽快なツッコミをとばしていたわけですが、それにしても見てくる。なんでこんな見られてるんだ。なんだこの女。


「彼女できたのー?」


なんか急に声を発した。微妙な女が。

どう考えても僕に対して話しかけている気がする。というか山手線の車内だからそれなりに人はいる。夜に上野からの外回りに人が少ないとは言え、それなりに人のいる車内で、それなりの距離感で言葉を発してきた。なんだこのブサイク。


「何?知り合い?wwwww」


とかホストは言ってて、どう考えても気まずい。というかなんだ。急に彼女いるとかいう質問おかしいだろ。


「ねー、久々に会ったのに無視ー?」


「だ、誰です?」


まだ話しかけてくる。無視するのは良くない気がしたというか逃げ道がない気がしたので、とりあえず返事してみた。無難に。無難この上ない質問。というかホンマにお前は誰やねん。


「えー1回寝といてひどーいwwwww」

「あの男と寝たの?まじかよwwwwwwww」

「うん、あいつ1回寝たら態度変わるからねー!」

「うっそwwww最低じゃんwwwwwwwwwwww」


とまぁ、この世でこんなことがあるのかと思うくらい残酷なトークが繰り広げられていて、おいおいこれは裁判所に行ったら確実に勝てる。名誉棄損でしかない。そんな状態なわけです。頭にきた。何が悲しくて僕がこんな微妙な女と寝なきゃいかんのだ。寝るわけない。大体、僕は可愛い子以外と、いや、そりゃ気の迷いで微妙な女と寝たことだってあるかもしれないけど、それでも顔くらいはちゃんと覚えてるに決まってる、いや覚えてないかもしれないけど、でも、ほら、なんかこう、だめだ覚えてない。覚えてないわ自分。可愛かった子はともかく微妙な女の顔とか全く思い浮かばないわ。なんだこれ。僕はこいつと寝たのか。寝たような気がしてきた。どうしよう。


「す、すみません覚えてないです」


と言って颯爽と山手線を降りた。だって分かんない。寝たかもしれない。でも寝てないかもしれない。嘘をつくわけにはいかない。そもそも寝たことがあったとして、あそこでカミングアウトする意味はあるのか。ないだろうよ。あれか、ホストに嫉妬して欲しくて適当なことを口走ったのか。そしたら、たまたま天下のプレイボーイに直撃するという事故が起こってしまった感じか。いや、でも普通に考えて、やっぱ寝たんじゃないのか。だめだ、わかんない。


「適当にセックスしたら、あかん」


電車を降りてから、ぼそっと呟いたこの一言には真理が詰まっている。

そんな風に、僕は思うんだ。



[PR]
# by k-kina | 2012-09-16 01:18 | 日記

アフターケア

成り行きセックスは寂しい。とても悲しい。

いいですか、飲み会とかで、なんかこう、まぁ綺麗っちゃ綺麗、まぁでも必死に落とす必要はないかな、あーでも隣に座ってるプライド高そう、ついでに鼻も高くて顔立ちのキツイお姉さんは勘弁だな、その隣の子も冴えないから、まぁこの人で我慢するか。そんな感じで持ち帰っちゃった女としたセックスの後。はい空虚。

いやそりゃセックスの最中はね、それなりの感情が支配してくれますから、射精までは大丈夫。必死に腰動かしとけば何とかなります。でもその後が果てしなく空虚。なんだろう、俺ってやっぱりちゃんと恋愛できないのかな、だって信じられる人なんていないし……みたいな感じで、自分で落としてセックスしたにも関わらず被害妄想モード突入。ちがうちがう相手の女の人の気持ちを埋めてあげる時間だよという心の声も無視して自己嫌悪モード。

やっぱり男ですからね、男女平等なんていう胸が苦しくなるほど不平等な言葉がありますが、そんなわけがない。セックスしたらね、男は責任を問われます。運よく付き合う付き合わないの話は避けられても、その後の空気作りとか、プライド立ててあげたりとか、それとなくの気遣いは求められるわけです。


めんどくさい。


はいそうですね。面倒くさい。当然でございます。

こっちは中途半端な女とセックスして気が滅入ってるわけですよ。それなりに顔立ち整ってるかと思ったら、セックス中の表情作りは全然なってないし、体型も微妙。いや太ってるわけじゃないんだけど、なんていうか、こう、下品。もうちょっと股の開き方とか、声の出し方とか、キスの受け入れ方とか、色々あるよね。そういうところを求めたいわけですよ。愛のないセックスなんだから、そういうところが大切なんです。でも全然だめだった。そしたらこっちもそれなりの空虚を感じてしまうわけですよ。それなのに責任。ああもう嫌だ嫌だ。

これじゃ自分も相手も損。セックス損。

とは言え、時は経ち、また飲み会のときになると同じような過ちを犯してしまうわけです。だってセックスに勝る娯楽なんてそうそうないから。うん。仕方ないですよね。

そんな堂々巡りとオサラバする方法を! なんと! 考えつきました!

いいですか、セックスする。その後、自分に言い聞かせるんです。今のは最高のセックスだった。この上なく性欲を解放できたし、もう言うことはない。こいつは最高の女だったぜ。そう思えばいいんです。そうすれば相手にも優しく出来るし、自分の心も満たされる。オールオッケー。

もちろん僕も即実行してみました。

「いやー良かった。君とのセックスは、なんて言うかもう最高だったよ。だって顔立ちもそんなに特徴あるわけじゃなくて、性格も平々凡々、でも自分は特別な人間だって信じているタイプの女だから適当に特別扱いしてあげれば何の苦労もなく寝れたし、そうだな、体つきも普通っていうか、思ったよりだらしなかったし、気持ちいいかって聞かれて気持ちいいって答えたフェラチオもただ咥えてるだけって感じで残念だったし、あとなんだろうな、まぁ、全体的に印象に残らないというか、さっさと射精してしまおうって思うセックスだったけど、うん、最高だったよ。最高。だからホテル代は割り勘でお願いしてもいいかな?」

と言ってみたところ、冗談で済まない勢いで投げられた灰皿が僕の頭をかすめていったので、怪我しなくて良かったなと思いました。みなさんも灰皿には気をつつ実践してみて下さい。ちなみに灰皿をよけたあと本気の右フックを食らうところまでがプレイなのでくれぐれもお気をつけ下さい。顎はずれたかと思った。



[PR]
# by k-kina | 2012-04-21 01:27 | 日記

ステータス

今まで何人の異性と性行為したか、いわゆる経験人数をステータスとして誇る男ってどうかと思うんです。

「俺、今まで37人とやったぜ!」

とかね。

もうなんだろう、一の位まできっちり覚えてるのが、逆に童貞っぽくてださい。なんなのセックスした女の名前をノートにでも書き連ねてるのかって話ですよ。童貞はださくないけど、童貞じゃないのに童貞っぽいのはださいと思うんです。

じゃ、僕はどうか。はい覚えてません。何人とセックスしたか、分かりません。キスなんてもっと分かりません。

いやね、覚えてないくらいセックスしたのを自慢したいのかと問われれば、そうじゃないですよ。断じて違う。いやむしろ大体でもいいから覚えとけよと自分でも思います。


結局ね、今が大切だと思うんです。

つまりあれですよ、今、まさに今この瞬間に、お前は女とやれるスキルを兼ね備えてるのかって話です。過去なんていいんです。

「美人とやったことあるぜ」

「今あそこにいる美人とやれるぜ」

僕は、断然後者になりたい。

もういい。過去はいい。過去にやった女は全員ブサイクでいい。今あそこにいる美人とやりたい。そしてその美人が独身で金持ちで養ってくれれば尚更いい。最高。そういう話なんです。


でも一番いいのは、過去にも美人とセックスしてて、今もその美人とセックスできる、何なら他の女ともセックスできる。これだと思うんですよ。僕はこれを目指したい。

そしたらね、とりあえず美人の元カノにメールするのが早い。過去に付き合ってた女と今もやれるというところをね、見せつけてやりますよ。いや、まぁ意気込まなくても、元カノとセックスするなんて誰でも出来ますよね。しかも僕くらいのレベルになると、なんですかね、ちょっとコンビニに立ち読みに行くくらいのノリで出来ますからね。へこへこ機嫌とったりしなくても、元カノくらい抱けるわけです。

「いつ暇?久しぶりに抱かせてよ!」

簡潔なメールを送りました。


普通の人であれば

「久しぶりー!元気にしてる?
もし付き合ってる人とかいないなら食事でも行こうよ!奢るしさ!」

みたいな感じのご機嫌とりというか、無難というか、下心を感じさせないメールを送るのでしょうが、面倒くさい。僕の用件は1つですからね。抱かせろ。単刀直入。その方が相手も返事しやすいし、一石二鳥です。


しかし、一向にメールが返ってこない。

たまたま忙しいのかなと思ったものの、それにしても返ってこない。あれか、メールが届かなかったのか、携帯会社しっかりしろよマジで、俺の簡潔メールを届け損ねるとか、まじで天罰が下りかねないですからね。

でも心の広さに定評のある僕なので、丁寧にもう1度同じメールを送りました。

すると、すぐに返事が。ほらやっぱり携帯会社のミスだったんだと思いつつメールを開くと、


「うざいんだけど。しんでよ」

ちょっと言ってる意味が分からないというか、何かの暗号かと思ったんですが、どうやら真意らしく、思ってたのとだいぶ違うなぁと思いつつ、面倒だけどしょうがないから機嫌を取ろうと普通のメールを送ったんですが、なんかもう体目当てなのがバレバレで、第一お前みたいなセックスが下手な奴とどうしてまた寝なきゃいけないんだ、冗談は顔だけにしてくれ、本当にもう二度と連絡してくんなという優しい言葉を貰い、なんかもう人生やめたいなと思いつつ友達に相談したら、それはどう考えてもお前が悪いと突き放され、どうすればいいか分かりませんが、お母さん、僕は東京で元気にやっています。でも、ちょっとだけ、しにたいです。



[PR]
# by k-kina | 2011-09-01 15:28 | 日記